うちの旦那の中性脂肪とLDLコレステロール対策

うちの旦那は毎年勤務先で健康診断を受けているのですが、ここ数年毎回のように中性脂肪とLDLコレステロールが基準値を超えてしまっています。

 

まだレッドゾーンというまではいかないものの、イエローゾーンから脱却できていません。

 

体型的にはちょっとふっくらしてきたと感じる程度でウエストには問題がないので、一応メタボというわけではないようです。

 

とはいえこのままだと年々中性脂肪も増えて行ってしまいそうなので、生活習慣の改善をしないといけないと思っています。

 

旦那の中性脂肪とLDLコレステロール値の原因は、おそらく日頃の食生活です。

 

毎日仕事が終わって帰宅するのが夜遅い時間なので、どうしても夕食の時間も遅くなってしまいます。

 

遅い時間の夕食ならそれに見合ったメニューにすれば良いのでしょうが、困った事にうちの旦那は野菜が嫌いです。

 

すると必然的に毎日のように肉や魚料理ばかりになってしまうのです。

 

更に、旦那は比較的よく食べる方です。

 

帰宅がいつもより少し遅いと、夜中に大量の肉とごはんを食べることも珍しくありません。

 

メタボの人にありがちなアルコールの習慣はありません。

 

しかし運動をする習慣も全くないのも事実です。

 

つまり、普段の食事内容と運動のバランスが著しく崩れていることが最大の原因だと考えられるのです。

 

中性脂肪とLDLコレステロールの改善に一番理想的なのは、できるだけ野菜が多いメニューの食事を心がけることだと思います。

 

野菜が好きな人なら、食生活の改善もそれほど難しくないのではないでしょうか。

 

しかし野菜が嫌いな人に野菜がメインの料理を食べさせることは難しいので、少しでも運動をしてもらうようにしたり、サプリメントで普段摂取できていない栄養を摂取してもらったりすることが今出来る最大の対策かもしれません。

 

メタボ予防には食生活を改善しましょう

 

最近、体重が増えてきてると自覚してたものの健康診断での血液検査結果で中性脂肪もコレステロール値も増えてました。

 

とうとう要注意マークがついてしまいました。

 

運動もしない、肉大好き、酒呑みです。

 

これではメタボまっしぐらです。

 

生活習慣病も気になります。

 

中性脂肪やコレステロールはどちらも血中脂質です。

 

特にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)というのが増えると、血液がドロドロになり動脈硬化や血管がもろくなり心筋梗塞を招く恐れがあります。

 

中性脂肪やコレステロールをコントロールするサプリもありますが、食生活を改善して血液サラサラを目指すこともできます。

 

今までの食生活は、焼肉、ラーメン、チーズそしてビールが大好物です。

 

ダメの見本の食生活をしていました。

 

まず肉から魚中心のおかずに改善します。

 

アジやサンマなどの青魚にはLDLコレステロールと中性脂肪を代謝を促進して、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やすEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。

 

EPAは体内で作り出せないので、青魚から取り入れるようにします。

 

大豆も中性脂肪やLDLコレステロールを下げる成分が豊富です。

 

納豆も豆乳も好きなので、積極的に取り入れます。

 

食物繊維が豊富な野菜や海藻類はメタバ予防におすすめ食材です。

 

焼いたサンマに大根おろし、ゴボウのキンピラにワカメと豆腐の味噌汁と言った日本的な献立が中性脂肪やコレステロールを下げ、メタボ予防になります。

 

日本人には、やはり和食が一番ということです。

 

おすすめの中性脂肪を下げる方法として和食に切り替えることが今の日本には必要なのかもしれません。

更新履歴